20150325

Trangia ラージメスティンで燻製




キャンプツーリングでも気軽に燻製したいので、メスティンで燻製をしてみました。












燻製に使用したのは先日購入したLOGOSの消えないスモークウッド
1本で5時間煙が出続けるという謳い文句ですが、果たして?








このウッドは4等分に切れ目が入っているので、素直に1/4を使います。
メスティンで使うことを考えてさらに3等分したのですが、小さくなるほど割るのが難しい。
粉砕して掃除機が出動する羽目になってしまいました(爆
せめて半分に割るくらいなら簡単だったかな。








割ったウッドを面で隣り合うように並べ、端の方をSOTOのスライドガストーチで炙って着火します。
このミニマムなトーチならピンポイントで炙れるので最適ですね。

せっかくなので、着火後にピートスモークパウダーを全体に振りかけ、
よりスモーキーに仕上がるようにしました。








ラージメスティンの蓋の深さは2.5cm弱あるので、その厚さの食材なら燻製できます。
今回は定番の雪印6Pチーズと、ちくわを2本燻してみました。








念のため最初の10分は煙が出続けるかチェックしていましたが、さすがは消えないスモークウッド。
1/4のウッドを使ったので1時間ちょっと燻せるかなと思ったのですが、実際は2時間15分ほど燻せました。
個人的に温燻は1時間15分~30分がいいところだと思っているので、もっと少ないウッドでもいいかもしれないですね。








2時間15分燻した結果、燻しすぎた感が否めません(爆
ちくわが残念な感じになってしまいましたが、チーズはなかなかの出来で最高に美味しいです! というか旨い!
燻製は短時間で食材の熟成を楽しめるのが魅力ですね。

ただ、ボクがソロで楽しむなら食べ物は他にもあるのでこんなに燻製しなくていいかな。
今回使ったのはラージメスティンですが、普通のメスティンでも十分な気がします。



コメントを投稿