20151018

慣らしの楽しみ方


20151017 R1200RS ROSSO


慣らしを"縛り"と捉えるか、"準備"と捉えるかで気持ちは随分違ってくる。


















20151017 R1200RS ROSSO


ちょっと前までただの素材だったのが、最新の技術と伝統の技術により、この形へと生まれてきたボクのR1200RS。
このバイクに存在意義を教える必要がある。 「お前はこんなに速く走れるんだぞ」と、実感させてやる。








20151017 R1200RS ROSSO


自分もこのバイクの走り方を探る。 こいつはどう走れるのか。 どんな風に走りたいのか。
いろんなシチュエーションへ敢えて出向き、いろんな走らせ方をしてみる。
なるほど。 だんだんこいつのことがわかってくる。








20151017 R1200RS ROSSO


徐々に渋さが取れてくるシフト。 心なしかギクシャクが丸くなってきた走り出し。
走るほどに、どんどん気持ち良くなってゆくライディング。








20151017 R1200RS ROSSO


お互い息が合ってくる感覚。
ズレていたコーナリングのイメージが、いつの間にか合ってきている。
腰を内側にずらし、外側のステップで車体を安定させ、遠心力を楽しみながら気持よく曲がる。

そうだよ、そう走るんだよ、と心の中で呟く。








20151017 R1200RS ROSSO


心の底から信頼して、思うままのスピードでコーナーへ入っていけたF800GS。
R1200RSではすでにそれ以上のスピードで曲がっていけてる。 けど、もっともっと、こいつなら。

手足の様に感じていた相棒、F800GSのように信頼できるのはまだ先かな。
でも、そこに至る過程もすごく楽しい。







 
コメントを投稿