20151109

バイクにiPhoneのホームボタンを設置


BMW R1200RS 20151108


R1200RSのハンドル周りには純正ナビとheatechのリモコンがあり、
これ以上は何かをスマートに設置するのは難しいと思っていました。
iPhoneをハンドルやメーター周りに設置すれば便利そうだけど、ゴチャゴチャするのはちょっと…

ボクはバイクの時はiPhoneをポケットに入れB+comで操作しているのですが、
B+comではプレイリストが終わってしまって他の曲が聞きたい時に操作できない。
誰かに電話をかけたい時にB+comではリダイヤルしかできないといった不満がありました。
なのでメーター周りかダミータンクの上にスマートにiPhoneを設置できないかなぁと。


そこでiPhoneにはホームボタン長押しで"音声で操作を指示できるsiri"があったのを思い出し、
だったらbluetoothで繋がるホームボタンだけあれば解決できることに気が付きました(^^)


















BMW R1200RS 20151108


基本的に車を運転する際にiPhoneを操作しなくてもいいようにと考えられたSatechiのホームボタン。
なので運転中に操作しやすいよう、ボタンの大きさもちょうどいいですね(^^)








BMW R1200RS 20151108


防水性能は期待できないと思い、購入前は雨のかからないメーターパネルの横に貼り付けようと考えていたものの、
貼り付けてしまうと電池交換が若干面倒なことと、長押しするには遠いことに気付きました(^^;








BMW R1200RS 20151108


もともとSatechiは車のハンドルに取り付けられるよう、こんな形のホルダーが付属してます。
材質は硬めのシリコン。 本体のホールド感もハンドル側のホールド感もバッチリある。








BMW R1200RS 20151108


というわけでハンドルバーに取り付けてみるとかなりいい感じ。
ハンドルに取り付けることでホルダーが広がり、反対側のSatechi本体のホールド感も増して、
結構強く取り外そうとしても外れる気配はない模様(^^)


実際B+comで使ってみると、例えば

Satechi長押しでsiri起動⇒「誰々に電話」⇒『ダレダレニデンワヲカケマス』⇒通話開始

Satechi長押しでsiri起動⇒「プレイリスト 何々 再生」⇒『プレイリストナニナニヲサイセイシマス』⇒音楽再生

Satechi長押しでsiri起動⇒「ポッドキャスト 何々 再生」⇒『ポッドキャストナニナニヲサイセイシマス』⇒Podcast再生


同じようにシャッフルやリピートと言うだけでそのように操作してくれるので、かなり便利(^^)
ただプレイリストや電話をかける相手を英語で登録していると、かなり上手に発音しないといけません(爆
下手な英語ではsiriに『ワタシニハリカイデキマセン ハ? ネゴトハネテイッテクダサイ』と冷たくあしらわれるので、
ボクはカタカナに登録し直しました(笑


これで走りながら聴きたいプレイリストやPodcastを聴いたり、
待ち合わせの相手やディーラーへ電話をかけることができますね(^^)
ちなみに防水仕様ではないので、雨や洗車の時は外した方がいいでしょう。
このホルダーなら力を加えれば簡単に取り外しできるので、気をつければ大丈夫かな。


追記
実際走りながらいろいろ試しているんですが、コツがいりますね(^^;
例えば話し終わりを認識しづらいので、あえて声を強調してみたり、意図したプレイリストを簡単なものにしてみたり。
そもそもsiriによく使う単語を覚えさせることができるのか、試行錯誤中です(笑




コメントを投稿