20131207

Life Packing




資産99%を処分し
高城剛が最後に残した
1%の生活必需品を公開!!

高城剛のハードライフを支える
必要最低限のリアルツールを集約!
次世代のためのモノ選びとパッキングを追求した
すべて「本人私物」の珠玉の一冊。


壁面を覆う巨大アートピース、山積みのスニーカーや洋服、
保管に追われたアーカイブ、モノに埋め尽くされた自宅……。
高城剛は5年の歳月を費やして、それらを徹底的に厳選し、
スーツケース約1.2個分にまで集約した。
この本は、最先端を生きる生粋のクリエイター・高城剛が
実際にその目とその足で選び抜き、
使用を重ねる中で研鑽された珠玉の生活必需品をまとめた
これまでにない、モノカタログ本の進化系である。

そして今も、彼はこの本に掲載されたアイテムを携えて、
世界の何処かを駆け回っているのだ。





最近の愛読書、というほど本を読めてないのですが、この本が面白いです。

本を読むというよりも雑誌を見たりブログを読むといった感覚の本ですね。
"1Day","2Weeks"など、仕事や旅の期間で使うものを分けて掲載されており、
それが鞄一つで世界を飛び回る彼の感覚や経験で紹介されているので非常に面白い。

生活や仕事、旅など、この本を読むと自分のライフスタイルに影響が起こるのを感じます。
もっとスマートに、もっとミニマルに。 そうして旅がしたくなります。


LIFE PACKING(ライフパッキング)【未来を生きるためのモノと知恵】






コメントを投稿