20140613

BMW F800GS 旅バイク仕様 ver.1.0


F800GS 20140529 福島ツーリング


ボクはキャンプツーリング初心者なのですが、初心者ながらポリシーはあります。
それは"スマートにパッキングして走行性能を極力損なわないこと"。
初めてにしては思いの外上手くいったので紹介します。


















F800GS 20140529 福島ツーリング


今回は一通り最低限のキャンプ道具に加え、コンパクトな焚火台やタープ、
そしてボクにとって重要な一眼レフ、交換レンズ、三脚なども積載しました。
結果的に焚火台やタープは使わなかったのですが、次回は使ってみる予定です。








F800GS 20140529 福島ツーリング


これにパニアやバッグ自体の重量が加わるわけで、総重量は33.1kgとなりました。
それをボクを囲むように配置することで、カウンターバランスを狙いました。

右パニア : 12.6kg , 左パニア : 12.6kg , シートバッグ : 5.2kg , タンクバッグ2.7kg

やじろべえを想像すればわかりやすいのですが、ボクを中心に重量を相殺し合うようにパッキング。
このため、ボクを中心とした重量バランスはシートバッグに+2.5kgのみとなります。








F800GS 20140529 福島キャンプツーリング

実際走ってみると、無積載時と驚くほど遜色なく走ることができました。
さすがに33kg増加してるので走り出しは重いものの、それ以外は全く変わりませんでした(^^)
ただ、左右30Lパニアに10L+20Lのバッグだと容量的にかなりシビアなのもわかりました。

45Lのトップケースを追加してしまえば話は早いのですが、ケース自体の重量と位置がネックですね。
今回のように無積載時と全く遜色のないバランスとはいかないでしょう。

キャンプツーリング、初心者のボクはパッキングを考察するだけでも楽しいです(^^)
次はまた工夫を加えたパッキングができたらいいなと思いますね。







コメントを投稿